BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

2019
4/25

「ビオトピアの森を感じる」限定イベントレポート

都会で癒しを感じるスポットこんにちは!BOBです。

何かと忙しい現代のわたしたち。「あぁ、ココロもカラダもからっぽにしてリラックスしたい。」「癒されたい。」そう思うのも特別なことではなくて、むしろ今の生活の中では当たり前のことなのかもしれません。

2019年4月13日(土)、原宿の明治神宮前「BROOK’S ME-BYO cafe」で、癒しを感じる体験型イベント「BIOTOPIAの森のエッセンスを感じる60分 in 原宿」を開催しました。

■NHK「あさイチ」でも放送された癒しの森

神奈川県大井町のビオトピアの森“BIOTOPIA(ビオトピア)の森”とは、神奈川県大井町にある「me-byo valley “BIOTOPIA”(未病バレー“ビオトピア”)」の森のこと。四季折々のさまざまな顔を見せてくれるビオトピアの森は、富士山や箱根、丹沢、足柄平野などを望む60ヘクタールの広大な敷地の中で、豊かな自然をたたえています。NHKのあさイチに出演ちょうどイベント開催の2日前の4/11に、朝の人気情報番組NHK「あさイチ」の「おでかけLIVE」というコーナーで「心もカラダもリラックス!快適パーク」として、森を中心にビオトピアが紹介され、イベント参加者の中には『「あさイチ」の放送見ました~。今日はすごく楽しみです♪』とスタッフに声をかけてくださった参加者の方もいました。

■原宿のカフェが癒しスポットに

森や植物がもつ癒しやパワーを通して、五感を開放し、リラックスしていただくこの体験型イベントのテーマは、都会の真ん中原宿で、“BIOTOPIA(ビオトピア)の森のエッセンスを感じる”こと。

 

イベント会場は地下1Fの特設スペースですが、階段を下りている途中からなにやらいい香りがします。この香りの正体は何?自然を感じるディスプレイ原宿のカフェにビオトピアの森の雰囲気を再現したディスプレイの一部には、ビオトピアの森から運んだ本物の木々の枝が使われていました。フィトンチッドを発生させる香木このイベントのために、森林セラピストが特に香りの良い香木を選んで、運んだそうです。

原宿のフォトスポットフォトスポットのパネルに写っている並木道は、ビオトピアにある「森林セラピーロード」の中の銀杏並木。森林セラピーのロングコースに申し込むと、この並木道がコースに組み込まれています。葉が大きくなり、緑が濃くなっていくちょうど今頃から黄色に色づく紅葉の時期まで、このフォトスポットのような景色を見ることができるんですよ。

■イベントプログラム

ディスプレイだけじゃなく内容も、ビオトピアの森を感じるエッセンスの詰った充実のプログラム。

●森林セラピーミニ体験(VR体験含む)

都会のカフェで森林体験1このプログラムでは、NPO法人森林セラピーソサエティから認定を受けた「森林セラピスト」が、同じく認定された「森林セラピーロード」、森のもつチカラや魅力、ビオトピアで行われる森林セラピーについてスライドや動画を使ってご紹介。森林セラピストの説明現代を生きるわたしたちが、いかに日常的に人間関係や電気製品による電磁波ストレスにさらされているか、それを森がどのように癒すのか。ビオトピアで森林セラピーを担当している森林セラピストから、そのリラックス効果や免疫力・自然治癒力の高まりについて、お話しました。

科学的に証明された理論的な森林セラピーの話に、皆さん熱心に聞き入っていました。VR体験風景

 

VR体験の様子また、ビオトピアの森の動画を専用のゴーグルで見ることで、あたかも実際にそこにいるかのようなVR(Virtual Reality=仮想現実)体験ができるコーナーも用意。体験した参加者は真上や背後など、360℃の森の景色を興味深そうに楽しんでいました。

 

●アロマワークショップ(ラッピングコーナー、お持ち帰り付き)

原宿でアロマのワークショップビオトピアでアロマやハーブを使ったワークショップの講師を努める専任者が、アロマの魅力について語りながら、参加者の好みやイメージに合ったオリジナルアロマを作るお手伝いをしました。アロマワークショップの様子2ワークショップで使うアロマオイルも、ビオトピアのハーブ園で採取したものを、講師が蒸留精製したもの。アロマワークショップの様子3「この香りを引き立てるにはどれをブレンドしたらいいですか?」

「季節によってアロマの種類は違うんですか?他にどんなものがありますか?」

皆さん好みの仕上がりを目指して、真剣ながらも楽しくおしゃべりしながら和気あいあいな感じです。アロマワークショップの様子4できあがったオリジナルアロマは、ビオトピアの森の葉と一緒にラッピングしてお土産としてお持ち帰りいただきました。

 

●森を感じるコーヒー体験

コーヒーセミナーの様子1このプログラムでは、ビオトピアの森が着想となって誕生した「森の風薫るコーヒー ウイスキーオーク」を使った、おいしいコーヒーの淹れ方セミナーを体験。バリスタによるレクチャーのあと、参加者が自分で淹れる実践編までやっていただきました。コーヒーセミナー実践編「このくらいコーヒーの粉が湿ったら大丈夫ですか?」

「どんなコーヒーでも同じ淹れ方でいいんですか?」

あちこちでさまざまな質問が飛んでいました。コーヒーセミナーでコーヒーを飲むご自分で淹れたコーヒーを飲んだ感想はいかがでしょうか?

「おいしい!今まで淹れていたのと全然違う!」

「これで家に帰ってもおいしいコーヒーが淹れられるので、うれしいです。」

「早く誰かに淹れてみたい。」

皆さんコーヒー好きとあって、おいしく淹れられるコツがわかって喜んでいました。

 

今回のイベントは長年ご愛顧いただいているお客様、および、これまでBROOK’Sのイベントに参加したことのある方を対象に告知。お一人様の参加費2,500円(税込)で、1日4回から希望の時間帯を選んでご応募いただき、抽選を行う予約制。40名の方がイベントに参加してくれました。

 

大勢の人で賑わう原宿で、仮想的ではありましたが、3つの体験を通してビオトピアの森のエッセンスを感じてもらった1日。イベント終了後に参加者に伺うと、ほとんどの方が

「実際に森林セラピーを体験してみたくなった。」

「楽しかったし、癒されました。」

「ビオトピアに興味をもった。行ってみたい。」

との感想をもたれていました。

 

応募者多数で抽選となり、ご希望に沿えなかった方がたくさん出てしまいましたが、今後もこのようなイベントを企画していきますので、どうぞお楽しみに♪

 

「森林セラピー」、「森林セラピスト」および「森林セラピーロード」は、特定非営利活動法人森林セラピーソサエティの登録商標です。

 

 

○この記事を読んだ方におすすめ

『森林セラピー×コーヒーマニアプレミアム』イベントレポート

バリスタが誘(いざな)う「都会の中の森」へ

「ドリップコーヒーの日」に新発売!癒しの森へと誘うコーヒー

 

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (31) 「まあまあ」 (9) 「いまいち」 (9)
投稿日:2019年4月25日  カテゴリー:イベント ,ブルックス
「ビオトピアの森を感じる」限定イベントレポート」への1件のフィードバック

次は、参加したいです。

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)