BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

2019
10/7

コロンビアコーヒー ~その誇りと情熱~

美味しいコロンビアコーヒー「エメラルドマウンテン」というコーヒーのことを、聞いたことがある・知っているという人は、意外と多いと思います。では、『「エメラルドマウンテン」は、どこの国のコーヒーでしょう?』と、その産地を聞いたら?
正解の『コロンビア』と答えられる方は、相当コーヒーがお好きなコーヒーマニアの方なのではないでしょうか。

■コロンビアはまさに「コーヒーの国」

コロンビアのコーヒー農園太平洋とカリブ海に面し、国土の3分の2をアマゾンの熱帯雨林が占める自然豊かな美しい国コロンビアは、世界のコーヒー豆生産量第3位の知る人ぞ知るコーヒー生産大国。
朝晩の気温差や雨季と乾季のバランス、降雨量、火山灰を含む水はけの良い土壌など、おいしいコーヒーが生まれる条件を複数兼ね備えている、限られた国のひとつでもあります。
2011年にはコーヒーの生産が100年以上続けられる土地として、コロンビアの「コーヒー産地の文化的景観」が世界文化遺産にも登録されました。

■コロンビアコーヒーの味を守るのは

コロンビアコーヒー農家の家

サンタンデール県コーヒー農家の家

そのような土地で育まれるコロンビアコーヒーの味を守り発展させているのが、1927年にコーヒー生産者によって設立された世界有数の規模を誇る農業関連NGO団体、FNC(コロンビアコーヒー生産者連合会。以下、FNC)。100%コロンビアコーヒー商品のみが付けることを許される「100% Cafe de Colombia(R)」のロゴの認定もFNCが行っています。

BROOK’Sのコロンビアコーヒーにも付いているこのマークは、おいしいコロンビアコーヒーの証なのです。
またFNCでは、高品質なコーヒーの安定生産とともに、約56万といわれるコーヒー生産者の生活向上や、『The Richest Coffee in the World(R)』(世界一リッチなコーヒー)としての認知向上のための活動も行っているそうです。

■宝石のような価値「エメラルドマウンテン」

手罪で収穫されるコロンビアコーヒーコロンビアコーヒーの輸出先第2位は日本。なかでも、日本で有名な「エメラルドマウンテン」は、特別なコーヒー。それは「エメラルドマウンテン」がコロンビアコーヒー全生産量の中から、FNCによる独自の厳しい品質基準をクリアして認定された、わずか3%未満の厳選された高級豆だから。100%手摘みで収穫し、最終的には目で見て手で選別された高級豆は、コロンビアのコーヒーに対する誇りと情熱をもっともよくあらわしています。
「エメラルドマウンテン」という銘柄の名前も、“宝石のような稀少価値を持つ高級豆”、“コロンビアの至宝エメラルドとアンデス山脈”にちなんで名づけられています。

■「エメラルドマウンテン」日本で30周年

コーヒーの麻袋作った小物入れそんな「エメラルドマウンテン」、じつは日本人に向けた銘柄だって知っていましたか?繊細な味を感じとることができる日本人のために、コロンビアコーヒー生産者が誇りをもって作っているスペシャリティコーヒー、コーヒーの宝石ですね。
「エメラルドマウンテン」が初めて日本に上陸したのは、1970年の大阪万博。万国博覧会の期間中、FNCによって「エメラルドマウンテン」が紹介されました。その後、1971年に「エメラルドマウンテン」という名称を日本で商標登録。2019年の今年、1989年の販売から30周年を迎えています。

■コロンビアに想いを馳せて飲む一杯は、格別

コロンビア人の誇り、コロンビアコーヒーコロンビアのコーヒー栽培は、ほとんどの生産が小農園で生産されています。コーヒーが栽培されている土地は、アンデス山脈の山奥にある急斜面の土地が多く、農業の機械化ができないため、収穫は今でも手摘みで行われています。赤く完熟したコーヒーの実を一つ一つ丁寧に摘み取る、という地道な収穫作業が実を結び、遠く離れた日本でおいしいコーヒーを飲むことができるのですね。

 

今回は、コロンビアコーヒーとその生産者の方々について掘り下げてみました。くつろぎのコーヒータイム、コーヒーが育った環境や作った人たちのストーリーに想いを馳せて味わうと、おいしさも格別ですよ。
BROOK’Sでも現在、「エメラルドマウンテン」をはじめ高品質なコロンビアコーヒーがラインアップされた「コロンビアキャンペーン」を開催中です。この機会にぜひどうぞ。そして、FNCの認定マークにも注目してみてくださいね。

 

○期間限定

FNCオリジナルグッズほか抽選で素敵なプレゼントが当たる!
\Hola!コロンビアキャンペーン/

 

○この記事を読んだ方におすすめ

コロンビア国民のアイデンティティ「コロンビアコーヒー」
コーヒー豆にはグレードがあることを知っていますか?

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (22) 「まあまあ」 (1) 「いまいち」 (0)
投稿日:2019年10月7日  カテゴリー:コーヒー豆知識 ,産地 ,銘柄

コメントはありません

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)