BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

実は日本発祥? アイスコーヒーを美味しく飲むアイディア集

20150917_2

夏場に好んで飲まれるアイスコーヒーは特に日本人に親しまれており、「日本は世界一アイスコーヒーが飲まれている国」であるともいわれています。しかもアイスコーヒーはただ日本人に親しまれているだけでなく、実は日本が発祥であるという説も挙げられているくらいなのです。もし本当だったら驚きですよね?
今回は「日本人とアイスコーヒーの関係性」や「アイスコーヒーを美味しく飲むためのアイディア集」など、アイスコーヒーにまつわる豆知識をお伝えしたいと思います。

 

■アイスコーヒーは日本発祥!?

日本がまだ明治時代だった頃、当時の欧米諸国では「水以外の飲み物を冷やして飲むことは贅沢だ」と考えられていました。
しかし明治時代の著作家である石井研堂の『明治事物起源』に、明治24年に訪れた氷店のメニューに「氷コーヒー」と記載されていたという記述が残されていたことから、当時の日本では既にアイスコーヒーが飲まれていたことが考えられます。
当時の日本人達はガラス瓶にコーヒーを入れ、冷蔵庫の代わりにそれを井戸水に浸して冷やしていたといいます。
この方法はもちろん他の国でも可能ではあるのですが、当時の世界各国では安全な水の確保が難しかったようです。一方、日本の水は当時から地下から汲んだものを直接飲めるほど安全でキレイだったので自然と飲まれるようになっていったということでしょう。

20150917_1
■アイスコーヒーを美味しく飲む方法

日本以外の国々でも50~100年ほど前からコーヒーを冷やして飲むようになってきたそうですが、世界中でアイスコーヒーが飲まれるようになったのはまだこの10~15年くらいの間のことです。
ただアイスコーヒーの美味しい飲み方については世界中で多くの人が研究をしているため、現在アイスコーヒーはさまざまな飲み方で飲まれるようになっています。
続いてはそんなアイスコーヒーを美味しく飲むためのアイディアをいくつかご紹介していきたいと思います。
アイスコーヒーを美味しくするためには「抽出方法の工夫」と「メニューのアレンジ」がポイントとなります。

 

○抽出方法を工夫しよう

水出しアイスコーヒー

まずは一般的にも知られている水出しアイスコーヒーをご紹介します。
水出しアイスコーヒーはコーヒーを水に浸すだけで作れるので、テクニックの必要ないコーヒーの持つ個性をそのまま楽しめる抽出方法となっています。
ただ抽出されるまでには何時間もかかるため、すぐに作って飲むことはできません。
水出しアイスコーヒーを飲みたい場合は、夜に寝る前などに事前に作っておきましょう。

急速冷却

こちらもコーヒーを日常的に飲む人の多くが活用しているテクニックとなっています。
グラスやボトルに氷を大量に入れて、そこに熱いコーヒーを注いで一気にアイスコーヒーにするという方法で、急速冷却をすることにより豆から出た香りを閉じ込めることができるため、より強い香りを感じることができます。

 

○アイスコーヒーをアレンジしよう

アーモンドミルクコーヒー

アイスコーヒーにアーモンドミルクを加えた、さっぱりとした口当たりが特徴的な甘い香りがするコーヒーとなっています。
アーモンドミルクは、欧米では牛乳や豆乳に替る飲料として人気があります。日本でも有名なカフェがアーモンドミルクを使用したアイスコーヒーが期間限定で販売され、好評のうちに終了したそうです。
アーモンドミルクは、アーモンドから作られているので牛乳や大豆が苦手な方でも美味しく飲むことができます。アイスコーヒーにアーモンドミルクと、さらに少量のココアを加えて飲むのもオススメですよ。

 

ロングアイランド・アイスコーヒー

「ロングランド・アイスティー」というカクテルがありますが、それをコーヒーに応用した飲み物です。
作り方の例としては、まずカクテルシェイカーにラムやウォッカ、ジン、ライムジュースを大さじ1ずつ入れてシェイクします。
そしてシェイクしたものを氷の入ったグラスに入れ、その上からビール大さじ2とお好みの量のコーヒーを注げば完成となります。

 

アイスコーヒーを美味しくする方法は他にもたくさんありますが、今回お伝えした通りアイスコーヒーの歴史はまだ浅いため、これからさらに進化していく可能性があります。
ぜひ皆さんも自分だけのアイスコーヒーのアレンジ方法を見つけて、アイスコーヒーを美味しく飲んでみてはいかがでしょうか?

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (46) 「まあまあ」 (13) 「いまいち」 (6)
投稿日:2015年9月17日  カテゴリー:お楽しみ ,コーヒー豆知識
実は日本発祥? アイスコーヒーを美味しく飲むアイディア集」への6件のフィードバック

昨年まではアイス珈琲は豆から抽出していましたが、どうにも面倒である珈琲店の水出しにしました。
しかしながら、美味しくありませんでした。
やはり手間を惜しんではダメなのですね。。。

40年ほど前にNHKのラヂオ番組「英語会話」で講師の東郷かつあき?先生の言葉が

『アイスコーヒーは日本独自の飲み物の様です』と
仰ったことを憶えています。
番組の中の「コーヒーブレイク」の時に仰ってみえました。
日本に明治時代から飲まれていたとは驚きです。

35年前、ハネムーンで海外に行った時、アイスコーヒーを注文したら、ホットコーヒーに氷をポトン・・・懐かしい

16年前、バンクーバーのカフェで、「アイスコーヒーはありますか?」と尋ねたら、「トライしてみよう!」と言って作ってくれました。
ホット用の豆で、普通にいれたコーヒーを、グラスの氷の上に落として出してくれましたので、味は想像どおり。
今では、バンクーバーでも、それなりのアイスコーヒーが飲めますが・・・。

40年前、子供の頃に親父が喫茶店で「レイコー」と言っていた。レイコー=冷コー つまり冷たいコーヒーですね。今の10代20代は知らないかも・・・

アイスコーヒーはやっぱりBROOK’Sのコーヒーですね。美味しさは他にありません。でもコンビニが近づいてきてますよ。私はコーヒーフロートが大好きです。バニラが一番いいですね。外出から戻ったら急速冷却で作って一気のみです。冷蔵庫にアイスがない時はもうがっかり!大騒ぎ!
友人たちに自慢のアイスコーヒーです。

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)