BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

エスプレッソの起源とは?

久しぶりのブログ更新となりました。 2020年も2ヶ月を過ぎ、「令和」の元号もすっかり板についてきたように感じる今日この頃。。気持ちも新たにBOB配信再開です!

◼エスプレッソはいつから飲まれている?

さて今回は、前々回のブログでご紹介した商品『カフェサンジャック エスプレッソ』にちなみ、エスプレッソの起源についてお話したいと思います。エスプレッソはイタリアやフランスではもっともよく飲まれるコーヒーであり、イタリアでは、コーヒーといえばエスプレッソを指します。アフリカで生まれたコーヒーが、イスラーム圏を経由してヨーロッパに伝わり、嗜好飲料として広く飲まれるようになったのは17世紀のことですが、実はエスプレッソが飲まれるようになったのは20世紀始めと、比較的新しい飲み方なのです。

1_img

 

◼きっかけはあの歴史的有名人物

エスプレッソ誕生のきっかけとなったのは、1806年、ナポレオンが敵対するイギリスへの対抗策として発布した大陸封鎖令です。 これにより、植民地からの輸入品である砂糖やコーヒー豆がヨーロッパ大陸全土で極端に不足する事態となりました。このコーヒー不足により、フランスではチコリや大麦などの代用品が一般的な飲み物になりました。しかしこれらの代用品にはカフェインが含まれておらず、本物のコーヒー独特の芳香、風味、コクなどもありませんでした。

3_img

 

◼エスプレッソの誕生

この頃イタリアにもすでに多くのカフェができており、オーナーたちはこのコーヒー不足に悩まされていました。そこでローマのとあるカフェオーナーが当面の対策として、客に提供するコーヒーの量を3分の2にして価格を下げ、これが多くの人に受け入れられました。 ちなみに、フランス語で「半分」の意味の「デミ(demi)」、「カップ」の意味の「タス(tasse)」をあわせた「デミタスカップ」という言葉も、ここが起源となっています。

◼エスプレッソの普及

エスプレッソマシンが開発されたのは、デミタスカップの誕生から1世紀後の1901年でした。豆に圧力を一切かけずに抽出するドリップ式やサイフォン式とは異なり、 高圧力で抽出し濃厚なコーヒーを淹れるエスプレッソの手法は1906年のミラノ万国博覧会で紹介され、これを1杯ずつ注文に応じて淹れるスタイルがイタリアで広く受け入れられました。現在多く用いられている電気式のマシンは、1961年に開発されました。その後マシンの改良とともにエスプレッソは世界中に広まり、日本でもシアトル系コーヒーショップがチェーン展開された1990年代に急速に普及。エスプレッソが一気にお馴染みのコーヒー飲料となりました。今日では家庭用のエスプレッソマシンも多く販売されていますが、価格の高さやお手入れ、マシンの置き場所などの問題から、オフィスやご家庭への導入という所までは敷居が高く感じる方もいるでしょう。

4_img

 

◼ハンドドリップでも楽しめる『カフェサンジャック エスプレッソ』

ブルックスでは、エスプレッソマシンやモカポットはもちろんハンドドリップでも、抽出方法ごとに異なる余韻を味わるエスプレッソコーヒーをご用意しています。 『カフェサンジャック エスプレッソ』は、コーヒー豆の選定・ブレンドの配合からこだわり、酸味を抑え飲んだ後に深い余韻が残るよう、ブルックスの焙煎士が時間をかけて開発しました。さまざまな歴史の波に揉まれてイタリアで生まれたエスプレッソですが、私たちのコーヒーを飲んでいただくのは主に日本で生活しているお客様。四季に合わせてホットでもアイスでも、イタリアンなどの洋食だけでなく和食の後にも飲んでいただきたい。また、昔ながらの喫茶店のマスターが一杯ずつ丁寧に淹れたように、ハンドドリップでも美味しく召し上がっていただきたい。日本のコーヒー会社が作るのだから、日本で暮らす皆さまの日々に寄り添うエスプレッソをお届けしたい。そんな思いを込め、日本の風土や文化に合わせて作ったブルックスの自信作が『カフェサンジャック エスプレッソ』です。

5_img

ちなみに、エスプレッソは味が濃厚なことから「カフェインが多い」と思われがちですが、 実はコーヒー豆を焙煎する段階でカフェインはかなり揮発しています。 この冬は暖冬とはいえ、朝晩などまだまだ冷え込みが厳しい日もありますね。 そんな日にはご自宅で淹れたてのエスプレッソを、歴史に想いを馳せながらゆっくりと味わってみるのはいかがでしょうか。

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (23) 「まあまあ」 (2) 「いまいち」 (2)
投稿日:2020年3月3日  カテゴリー:コーヒー豆知識 ,産地 ,銘柄

コメントはありません

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)