BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

2015
5/28

今さら聞けない!キリマンジャロとハワイコナコーヒー産地ごとの違い

コーヒー豆と聞いて、あなたはどんな銘柄を思い出しますか?
すぐに思い浮かぶのは、「ブルーマウンテン」「キリマンジャロ」「モカ」「ハワイコナ」などでしょうか。
20150528_1
「キリマンジャロ」「ハワイコナ」といった銘柄名を聞いたことはあっても、その豆はどんな所で育ったのかまでは知らない方も多いのでは?
コーヒー豆は産地ごとに酸味や甘み、コクが異なります。銘柄ごとの産地を知り、それぞれの地理的な要因や、栽培条件から生まれる特徴で覚えておくと自分好みの豆を探すときの目安にもなるので、もっと楽しいコーヒー選びができるはず!

今回は、ブルーマウンテンと並んで有名なコーヒー「キリマンジャロ」と「ハワイコナ」の2銘柄をチョイス。話のネタにも、そしてコーヒーの銘柄を選ぶときのヒントにもなる“豆”知識と一緒に、この2銘柄をご紹介します。

 

■アフリカを代表するコーヒーの傑作【キリマンジャロ】
“アフリカ大陸の屋根”とも呼ばれる、タンザニアにあるアフリカ大陸最高峰の山・キリマンジャロ。世界遺産にも登録されている有名な山ですね。この山で栽培されるコーヒー豆がキリマンジャロ。
20150528_2
喫茶店やコーヒー愛好家の間では“キリマン”と呼ばれ、親しまれているキリマンジャロ。
非常に個性が強い銘柄で、強い酸味と甘酸っぱい香り、そして豊かなコクがあります。
海抜1000m以上の高地で生産され、水分量が多く硬い豆が特徴 です。

ここで“豆”知識をひとつ。
コーヒーの風味は、生育された標高が高いほど香りが良く、品質が高いといわれます。
もちろん、キリマンジャロも例外ではありません。標高の高さが生む昼夜の寒暖差によってコーヒーの実が締まり、ゆっくりと時間をかけて熟していきます。
特に、キリマンジャロは上質な酸味とコーヒーの苦みがあわさり、味わい深いコーヒー。だからキリマンジャロは多くのファンを魅了するような、芳醇な味わいを持ち合わせているんですね。

もしコーヒー通を気取りたいときには、ぜひ上質なコーヒーと言われている「キリマンジャロ」を楽しんでみてください。
 
■大統領も愛飲する、世界唯一の先進国産コーヒー【ハワイコナ】
ハワイコナは、アメリカ合衆国ハワイ州・ハワイ島南西部にあるコナ地区でのみ栽培され、100年以上の伝統をもつコーヒー。
ほどよい苦味とコクがあり、柔らかな酸味と花のような甘い香りが特徴なので、「コーヒーの酸味が苦手」という方には、特におすすめしたい銘柄です。
20150528_3
ハワイコナは世界のコーヒー生産量のうち、1%にも満たないという極めて希少なコーヒー。そしてブルーマウンテンに次ぐ、高価なコーヒーでもあります。

なぜ、それほど高価なのでしょうか?その理由は、「先進国で採れる豆」ということ。
コナ地方は、ハワイ島の西海岸にある地域。ハワイ島の中でも人口が多く、コナ国際空港や、有名なジェームズ・クックから名付けられた町「キャプテン・クック」などがあります。ハワイは言わずとも知れた先進国アメリカの島です。そのため、物価や人件費がかかってしまい他の銘柄よりも高級になっているんです。

 

しかし、ただ先進国で出来ているから高い、というだけではありません。
ハワイコナはしっかりとした苦みがあるにも関わらず、コーヒーが苦手な方でも楽しめるほどの豊かな香りを持っています。だからこそ、高価でも多くの人から愛されるコーヒーであること、それがハワイコナの特徴なのです。

 

“豆”知識をもうひとつ。
ハワイコナは、ホワイトハウス御用達コーヒーとしてもよく知られています。ホワイトハウス主催の公式晩餐会には、必ずハワイコナのコーヒーが供されるそうです。このようにハワイコナは、アメリカ大統領も愛飲する超贅沢なコーヒーなのです。

今回ご紹介したキリマンジャロとハワイコナ、この2銘柄はどちらも個性が際立っていて、味の違いがわかりやすい銘柄です。
コーヒーを飲みながら、ちょっとした“豆”知識も披露できれば、カフェタイムをより一層楽しめるかもしれませんね。

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (149) 「まあまあ」 (11) 「いまいち」 (11)
投稿日:2015年5月28日  カテゴリー:コーヒー豆知識
今さら聞けない!キリマンジャロとハワイコナコーヒー産地ごとの違い」への2件のフィードバック

若い頃はまだブルマンも安価でしたのでよく飲んでましたが、高価になってからは手が出ません。その代わりにキリマンに引き込まれてよく飲むようになりました。貴社の豆を購入して楽しんでいます。
手ごろいや他社より安価で美味しくて満足しています。なくなったらまたこうにゅうします。

コーヒーの産地を考えながら飲んでいなかったので、勉強になりましたし、面白かったです。私は酸味の強いコーヒーは好きではないので、キリマンはあまり飲みません。ハワイコナはブルックスを愛用してから知りました。私は酸味は少なくコクと苦みがあるのが大好きです。これからも豆知識楽しみにしています。

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)