BROOK’S OFFICIAL BLOG(略してBOB)

2018
2/8

Category

運気も上がる?!魅力いっぱいの「フレーバー緑茶」

フレーバーティー(フレーバードティー)はおもに紅茶にフルーツや花、スパイスなどで香り付けをしたもの。その人気は緑茶にまで広がり、「フレーバー緑茶」といわれる緑茶ベースのフレーバーティーも、次々誕生しています。

和の飲み物の代表ともいえる緑茶にフレーバー?どのような香り?「フレーバー緑茶」とは、どのようなものなのでしょうか。

■どうやって香りを付けるの?

20180208_2基本的には紅茶も緑茶も同じで、茶葉は以下の3つの方法で着香(香り付け)しているそうです。

①  吹き付ける

フルーツや花などから香りを抽出した精油や香料を、茶葉に吹き付ける方法です。紅茶のアールグレイは、この方法でベルガモットの香りを付けていることが多いです。

 ②  吸着させる

香りが強いものを茶葉の近くに置いて、その香りを移します。湿気や匂いを吸収しやすい茶葉の特性を利用した方法ですね。フレーバーティーのなかでも、この方法で作るものは「センテッドティー」と呼ばれるそうです。代表的なのは烏龍茶や緑茶にジャスミンの花で香りを付ける、ジャスミンティーです。

 ③  乾燥物を混ぜる

フルーツや花びらなどを乾燥物にして茶葉に混ぜる方法です。直接茶葉に混ぜることで、お茶を淹れたときに香りに加え味も楽しめます。「ブレンデッドティー」とも呼ばれ、薔薇の花びらが華やかなローズティーがこの方法で作られています。

■緑茶ベースならではの魅力とは

緑茶の爽やかな青い香りと適度な渋みを損なうことなく、フレーバーとのマッチングを楽しめるフレーバー緑茶。紅茶とはひと味違う緑茶ベースならではの魅力は、梅や栗など“和の素材”をイメージするものと相性がいいこと。

苺やミカンなど今の季節を感じるフルーツや春を先取りした桜など、日本の四季を感じる限定品があることも、魅力のひとつではないでしょうか。

■縁起がいいフレーバーで運気を呼び込め!

20180208_3ところで、年始は初詣に行っておみくじを引いた方も多いのではないでしょうか?新年を迎えると、運勢が特に気になりますよね。受験や引っ越しなどで移動などが控えている人は、特にそうかもしれません。

東洋を中心に盛んに用いられている、開運のための環境学「風水」では、季節のものを取り入れると運気アップに繋がるとされています。そこで、今の季節にぴったりのフレーバー緑茶で良い運気を呼び込んじゃいましょう!

 

『ゆず煎茶』20180208_4高知県産の柚子の皮を使用した季節限定の『ゆず煎茶』。爽やかな柚子の香りが上品な煎茶とよく合います。柚子の果実の色をイメージしたパッケージの黄色は、風水で開運の色とされています。さらに、果実が「実る」ことから、努力が「実る(成果がでる)」縁起の良いものとされています。

 

『さくら煎茶』20180208_5こちらも季節限定で、煎茶と桜の葉をブレンドした『さくら煎茶』。立ち昇る桜の香りが春を思わせる、ロマンティックな一杯です。受験シーズンに合格祈願をしながら飲めば、桜満開を思い浮かべて「おめでたい」気分になれること間違いなし!

 

幸運を引き寄せる『ゆず煎茶』と『さくら煎茶』、あなたも幸せを願いながら飲んでみてはいかがでしょうか?縁起のいいスタートが切れるように、進学や就職、引っ越しなどで転機を迎える方へのプレゼントにも、おすすめです♪

 

この記事はどうでした?記事の評価をお願いします♪
「面白かった」 (13) 「まあまあ」 (2) 「いまいち」 (1)
投稿日:2018年2月8日  カテゴリー:お茶 ,日本茶

コメントはありません

コメントを投稿する

投稿されたコメントは承認されるまでは表示されません。



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)