header

2017
11/23

ハロウィンが終わって、街はクリスマスの準備が始まりました。
「これサンタにお願いするんだ」というセリフはこの時期に限らず年中唱えているような気もしますが、それもこの時期になるとだんだんと信ぴょう性を増してきます。
とはいえ、私は毎年プレゼントに失敗してしまいます。子どもの要求よりいつも少し背伸びをしてしまうのです。3年前に当時小学1年だった息子にあげた天体望遠鏡は約2年間ただの置物だったし、去年当時4歳だった娘にあげた織物機は難しすぎて箱から出して終わりました。
大きめの子供服を買って、ちょうどのサイズになるころにはボロボロになるのと似ています。今年のクリプレはちょっと幼すぎるかなと思っても等身大をあげようと思います。

2017
11/16

20数年前の映画を見ていたら変な違和感がありました。
小学生が主人公の学園モノ。出てくる役者さんたちは今では30代後半の方たちです。私より4、5歳下の方たちなので私は子役に感情移入して見ていました。
しばらくすると先生役の女優さんが出てきました。構図としては大人と子供という感じで子役とは相反する立場に立っていました。でも実際の今の感覚ではどうでしょう。その女優さんと私とは15歳は違いますが、無意識に同年代という感覚でいたことに不思議な感覚を覚えました。
仕事をしていても10歳年下の後輩よりも15歳年上の先輩とより近く感じることがあります。自分をおばさんと認めてから同年代は下より上にシフトしたんでしょうか。笑
(そしてまたその感覚は60代あたりでまた逆転したりして)!

2017
11/9

先日洋服やさんの運動用品コーナーで立ち止まると、すかさず店員さんがやってきた。
「ワークアウトもされるんですか?」
不意のことで私は曖昧に相槌を打った。ワークアウト?運動じゃなくて?いや、もしかして特定の運動のことを指すのかもしれないけど、聞き返すのは恥ずかしいからさらりと逃げた。
そしてまた別の日。電車で居合わせた近所のママが「うちの子はデフォルトで運動が苦手なんです。」と。
他人事と思って聞き流していた言葉が自分に降ってきた。
聞き返す勇気もなくてそれも曖昧にやりすごした。
今年10年ぶりに改訂された国語辞書には新たに1万語追加されたらしいが、また10年後には1万語では効かないかもしれないな。

1 / 561234Last »