商品を探す 商品コードで探す(半角)
- キーワードで探す(全角)
商品コードで注文
コロンビアコーヒーを飲んで当てよう! コロンビアキャンペーン
コロンビアキャンペーン
エメラルドネックレス当たる!市価10万円相当 キャンペーン期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火)
マイルドコーヒーの代名詞。コク・酸味・ほどよい苦みが特徴の『コロンビアコーヒー』を飲んで当てよう!キャンペーン期間中、対象商品を含む累計5,000円(税込)以上のお買い上げで自動エントリー。抽選で総計143名様に市価10万円相当のエメラルドネックレスや、FNCオリジナルグッズが当たる!

■キャンペーン期間:2017年9月1日(金)~10月31日(火)

■キャンペーン内容:期間中、対象商品を含む累計5,000円(税込)以上のお買い上げで自動エントリーとなります。抽選で総計143名様に豪華賞品をプレゼント!

■抽選について:11月上旬に抽選を行います。当選発表は賞品の発送を以ってかえさせていただきます。

【ご注意】

・プレゼントは選べませんので予めご了承ください。プレゼントのお届け先は日本国内のご登録住所に限ります。

・ブルックスYahoo!店、ブルックス楽天市場店、Amazon店はキャンペーン対象外となります。

エメラルドネックレス 市価10万円相当 3名様 エメラルドにダイヤモンドをあしらったエレガントなデザイン。 FNCオリジナルマグカップ 35名様 FNCオリジナルトートバッグ 35名様
プレタポルテ・ロサージュ プリザーブドフラワーのコサージュ 20名様 ドリップバッグ コロンビア 15袋 50名様
アンデスの自然が育んだやわらかな味わい コロンビアコーヒー

コーヒー農場イメージコロンビアコーヒーは、コクと酸味にほどよい苦みが加わった重厚な味が特徴。ブルックスでは、選び抜いた高級豆『コロンビアEX』のみを使用しています。コロンビアコーヒーの樹はアンデス高地の標高1,200mから2,300mの斜面で栽培されます。コーヒーに適した雨量と土壌が豊かな風味を生み出します。

  • コーヒー豆&コーヒー農場イメージ
  • 世界第3位のコーヒー大国 「コロンビア共和国」

    コロンビアコーヒーの故郷は南米大陸のコロンビア共和国。コーヒーベルトと呼ばれる地帯に属し、面積は日本の約3倍。人口約4,770万人(2014年現在)、公用語はスペイン語です。エメラルドの産地としても名高く、世界の産出量の80%がここコロンビアに集中しています。7月20日はコロンビアナショナルデー。国中で様々なお祭りやイベントが開催されます。

    ※アラビカ種豆の生産では世界第2位を誇ります。
  • 世界遺産でもある「コロンビアコーヒー産地」

    コロンビアの「コーヒー生産の文化的景観」はユネスコの世界遺産に登録されています。登録されているのはコロンビア中央部のカルダス県、キンディオ県、リサラルダ県、バジェ・デル・カウカ県の中の47都市です。耕作が困難な山岳部の自然の地形と気候を利用して培ってきた、コーヒー栽培の100年の伝統と、スペイン風の植民地都市建築が特徴です。

  • コロンビアコーヒー産地イメージ
コロンビアキャンペーン対象商品
対象商品を含む累計5,000円(税込)以上のお買い上げで自動エントリー!3,500円(税込)以上で送料無料!
詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら
世界中に芳醇なコロンビアコーヒーを約束するコロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)
  • FNCロゴマーク

    FNCのロゴマークは、アンデスの自然と、FNCによって作り出されたカフェテロ(コーヒー生産者)のキャラクターであるファン・ヴァルデスが象徴的にデザインされています。このロゴマークは、FNCの規格基準を満たした、100%コロンビアコーヒーの製品に付けられています。
    *本商標はコロンビアコーヒー生産者連合会に登録されています。
  • 1927年に設立されたコロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)は民主的で活動的な組織として、世界で有数の規模を誇る農業関連NGOであり、コーヒー輸出者でもあります。コロンビアの560,000以上のコーヒー農家とその家族を代表しており、共にコーヒーの安定した生産及び生産者コミュニティーと共通の利益を拡大し、コロンビアコーヒーを“The richest coffee in the world®”(世界一リッチなコーヒー)として世界で認識されるよう努めています。

    1961年に日本がまだコーヒー消費国ではなく、世界経済において再び注目され始めていた頃、FNCは日本とアジアにコロンビアコーヒーの消費を促すために東京事務局の設立を決定しました。FNC東京事務局の開設は日本・コロンビアの国家間関係において重要な転機となりました。以来、両国は友好的な関係を構築し、コーヒーは経済活動の主要な位置を占めています。FNC東京事務局は設立以降、積極的に日本のコーヒー業者様と関係を築き上げ、コロンビアコーヒーの活用と消費を様々な形で促進してきました。両国間の経済関係の促進を図るために、日本・コロンビア経済合同委員会が1990年初めに設立されました。1991年に東京で開かれた第一回目の会合以後、コロンビア側の委員長はFNCの総裁が務めています。

    また、日本コーヒー産業の専門家にコロンビアコーヒーの品質とコロンビアでの組織活動をお伝えするため、FNCは『マイルドコーヒー品質管理研修』というトレーニングコースを2004年から実施しています。現在までに10回以上行い、延べ100名近い商社や飲料産業、焙煎業などのコーヒー専門家たちがコロンビアでこのコースを修了し、コロンビアコーヒーをより身近で体験していただいています。

    FNC東京事務局のコロンビアと日本人スタッフの50年にもおよぶ献身的な働きのおかげで、コロンビアコーヒーは日本国民の皆様にとってコロンビアの象徴となり、日本市場でも大切な位置にあります。更に日本は世界で3番目のコーヒー輸入国であり、コロンビアコーヒー市場において2番目に、そしてFNCにとって最も重要な国であります。
  • 駐日コロンビア共和国 特命全権大使 ガブリエル・ドゥケ閣下駐日コロンビア共和国
    特命全権大使
    ガブリエル・ドゥケ閣下


    この度は株式会社ブルックスによるコロンビアコーヒーのキャンペーンをご紹介する機会を賜り、大変光栄です。

    ブルックスは最大手の焙煎業者として日本のコーヒー業界でも重要な存在です。私たちの国はコーヒー豆の生産では世界第三位ですが、環境や地域の持続性を視野に入れた厳しい基準の下で生産しており、その品質自体も非常に優れている点にご注目をいただきたいと思います。

    コロンビアコーヒーが美味しい理由はいくつか挙げられますが、ひとつはコロンビアの地域ごとに異なる地理条件、それに伴う多様な微気候や生物多様性があります。加えて生産者たちによって丁寧に栽培され、豆の収穫も一粒ずつ全て手摘みで行われていることです。現在、日本は私たちのコーヒー輸出先国としては第二位です。コーヒー豆はコロンビアの対日輸出品の中でも主要な製品であり、総売上げ中57%のシェアを占めています。日本の厳しい市場の中でこれだけ健闘できているのはブルックスのような優れたコーヒーを皆様にご提供するという目的を持ちながら常にコロンビアの生産者の目線に立った取り組みを行ってきた戦略的パートナーの力によるところが大きいと考えます。

    皆様には是非この機会にブルックス社がご用意したコーヒーを味わっていただき、世界が認めるコロンビアコーヒーをご堪能いただければと思います。

  • FNC東京局長 サンティアゴ・パルド氏FNC東京局長
    サンティアゴ・パルド氏


    ブルックス・コーヒーをご愛飲の皆様、こんにちは。

    コロンビアコーヒー生産者連合会日本事務局(FNC)は55年以上に亘り、ブルックスのような日本のコーヒー業界の方々と共に働き、“The richest coffee in the world®”(『世界一リッチなコーヒー』)のスローガンの下、高品質なコロンビアコーヒーを日本の皆様にお届け出来るよう、活動して参りました。

    コロンビアの恵まれた多様な環境、年間を通じて新鮮なコーヒー豆の生産を可能にする気候条件及びアラビカ種を育てるのに理想的な標高の高いところの土壌、55万以上のコーヒー農家世帯の努力、コーヒー豆が輸出されるまでの厳しい品質管理、FNCの独特な非営利団体システム、品質に対する拘りなどのお蔭で、世界有数のコーヒー生産として日本でも認識されるようになりました。日本の消費者の皆様に、コロンビアコーヒーを提供できる貴重な機会をいただき、ブルックスに感謝申し上げます。

    皆様にコロンビアコーヒーをより深くお知りいただき、今後も我々の高品質で香り高いコーヒーを愛し続け、また、コロンビアコーヒーについての情報をFNC公式サイトでご覧ください。
    www.cafedecolombia.jp