東京五輪開催後の好景気に沸く東京で、1968年、ブルックスの前身である幸修園はお茶屋として生まれました。拠点を横浜に移してからは、国内だけでなく、世界を視野に入れながら、日本が誇る食文化の一端を担ってまいりました。そして、再び五輪を迎える準備が着々と進む中、50周年の節目を迎えます。

東京五輪開催後の好景気に沸く東京で、1968年、ブルックスの前身である幸修園はお茶屋として生まれました。拠点を横浜に移してからは、国内だけでなく、世界を視野に入れながら、日本が誇る食文化の一端を担ってまいりました。そして、再び五輪を迎える準備が着々と進む中、50周年の節目を迎えます。

2018年10月21日(平成30年)ブルックス創立50周年 ブルックスはこれからも、「日本の和の心」と「美と健康」を、国内外へ発信し続けます。そして、ブルックスが大切にしてきている健やかな日常。来る「人生百歳時代」を健やかに過ごしていけるよう、新たな試みにも、取り組んでまいります。おいしさのその先へ。皆様と共に次の50年に進んでいきたいと願っております。

2018年10月21日(平成30年)ブルックス創立50周年 ブルックスはこれからも、「日本の和の心」と「美と健康」を、国内外へ発信し続けます。そして、ブルックスが大切にしてきている健やかな日常。来る「人生百歳時代」を健やかに過ごしていけるよう、新たな試みにも、取り組んでまいります。おいしさのその先へ。皆様と共に次の50年に進んでいきたいと願っております。

▲ ページトップへ